スポーツ少年団とは
スポーツ少年団について
スポーツ少年団は、公益財団法人日本スポーツ協会創立50周年の記念事業として「一人でも多くの青少年にスポーツの歓びを」 「スポーツを通じて青少年のからだとこころを育てる組織を地域社会の中に」の願いのもとに 「スポーツによる青少年の健全育成」を目的として昭和37年に創設されたものです。
山形県スポーツ少年団は、山形県市町村体育担当者会の提言を受け昭和38年に結成され、天童市に本県初のスポーツ少年団が誕生しました。 以来、心身ともに豊かで逞しい青少年の育成と生涯スポーツの推進を目指しながら、「地域の子どもたちは、地域で育てる」を指針として歩んできています。
スポーツ少年団の意義

 
体も心も発育発達の途上にある少年・少女たちにとって、スポーツをすることは非常に大切なことです。 将来に向かって伸びていこうとする少年・少女たちは、どんな環境にあっても自分を見失わず、力強く生き抜く力を持つことが必要です。 そしてその力を養う機会、つまり少年・少女たちが自らの力を育てるための場は、 生活と結びついた地域社会の中で、少年・少女たちの集団による社会活動の場以外にはありません。 そして、スポーツこそ、その原動力になるものであり、そこにスポーツ少年団存在の意義があるのです。
先輩達の指導者たちが、行政当局の支援を得、家庭・学校・地域と連携をとりながら幾多の困難を乗り越え、 現在約3万名の団員・指導者のいる団体であります。地域に根ざしたスポーツ少年団として、 時代を担う健全な身体と心を持った青少年の健全育成を理念とし、団員、指導者、役員手を携えて共に頑張りましょう。

スポーツ少年団登録状況

            平成29年3月末現在
【登録団数】 【登録団員数】 【登録指導者数】
927団 18,613 5,825人


活動内容

スポーツ少年団は、それぞれが独自に自主的で主体性をもった活動を展開しています。
そのため、特定のスポーツ種目のみの活動を行うのではなく、野外活動や文化・学習活動など、 ジュニア期に必要な幅広い分野での様々な交流体験活動を年間計画の中に組み入れています。

◆スポーツ少年団の活動分野
  • 社会活動
  • 学習活動
  • 野外活動
  • スポーツ活動
  • 体力テスト(運動適正テスト)
  • レクリエーション活動
  • 文化活動
◆その他の活動

 スポーツ少年団は地域社会で活動する団体です。 地域社会の一員として、スポーツ活動だけでなく、次のような活動を行っています。

  • 団員・親・地域住民との合同活動
  • 地域の人たちとのコミュニケーション
  • 地域の事業・行事への積極的参加
  • 町内清掃などの奉仕活動